★ データ通信がおトク ★
おススメ!格安スマホ


 
仮想移動体通信事業者
 M   V   N   O     とは、

他社から無線通信インフラを借り受けて、
独自のサービスを加えて低料金で提供する事業者のことである。




☆どの事業者を選んでも、通信量/円で換算すると大手通信会社よりも月額料金を安く抑えられるケースがほとんどです。 大手通信会社の設備を利用しているため、通話品質や対応エリアは同じで安心です。



選択するSIMカードは3通り 

1.SIMのみ データ通信専用SIM

携帯番号を使った通話機能は無く、インターネット通信のみできるSIMとなります。 WiMAXやポケットWifiのようにパソコン・タブレットなどに繋げて、データ通信端末としてのお使いになられるかたには、SIMのみでも充分。

2.SMS+SIM

ショートメールの送受信が可能。 LINE、Googleなどのアカウント作成でSNS認証が必要となるケースは多いので、スマートフォンとして機能させたいかたは、SMS機能はあると便利。 電波の安定、電池の消費など気にされるかたは、SMS付きSIMを選んで下さい。


3.音声通話+SIM

携帯番号通話が可能。 音声通話SIMはSMSも可能となります。 大手携帯キャリアからのMNP転出(携帯番号ポータビリティ)もできます。

 
 M N P ナンバーポータビリティ について

 

 
 
 




 
 
 





 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 





 
 
 






 
 
 
 
 




 
 


その他ブロードバンド・モバイルはコチラ